始めに

こんにちは。清水ヴァイオリン教室のホームページへようこそ!
当教室は、埼玉県狭山市にあります。

このホームページでは、当教室の特徴や指導方針、レッスンで学べることなどをご紹介しています。

教室の特徴

当教室では、「限界のない成長のための柔軟な基盤作り」に取り組みます。

スポンジの様な吸収力を持ち続ける為に、柔らかい土台をつくりましょう。

演奏家として、人間として、指導者としての今までの経験を糧に、生徒さん一人一人と向き合い、目の行き届いた指導を致します。

  • レッスンは、1対1の個人レッスンです。
  • 家での練習でどうしても上手く行かない場合は、動画やメールで相談できます。
  • 「しっかり見てほしい」という方にご好評を頂いています。
  • 自宅レッスンですので、レッスン日は固定制だけではなく、柔軟に対応しております。(土日可能)

レッスン案内

対象

5歳~小学一年生の初心者、経験者のお子様。

  • ヴァイオリンを弾いてみたい。
  • 子供に何か夢中になれるものを探してほしい。
  • 音楽を楽しんでほしい。
  • 何か一つのことをやり遂げる力をつけてほしい。

などどなたでもどうぞ!

※音符を読めなくてもいらしていただいて構いません。

本格的にヴァイオリンを習いたい人

小学二、三年生~大学生の既習者

  • 音楽的にもテクニック的にも柔らかい基盤を作りたい方。
  • やる気のある人。
  • 当たり前に練習できる人。
  • 音楽的な感性を磨きたい方。

社会人の方 (女性)

  • 音符の読める経験者の方。
  • 音楽が大好きな方。
※5歳~一年生のお子様へのアドバイス
ヴァイオリンの場合は、音を出す、左指を押さえる、などが最初はとても大変です。構え方からして、人間にとって自然な体勢ではありません。
バイオリンを習う時に、音符も初めて読まなければいけない、右手と左手も違うことをしなければいけない、となりますとお子さんにとってとても大変です。
ですのでまず最初に、大手の音楽教室等でリトミックやソルフェージュで音楽を楽しみオルガンやピアノ等に触れ、それからヴァイオリンを始められますと、無理なくレッスンを続けることが出来ます。

指導方針

5歳~小学一年生の初心者と、経験者のお子様

♪基礎を大切に考えます。

♪レッスンの復習や練習は必ずしましょう。

♪ヴァイオリンと言う楽器は、子供だけでは理解することは難しい楽器なので、練習は、毎日親御さんが見てあげてください。

♪その時出来る事を一生懸命やり小さな喜びをたくさん創りましょう。

本格的にヴァイオリンを習いたい人

♪何事にも徹底して高い完成度を目指します。

♪物事に取り組む姿勢を大事に考えます。

♪中学1、2年生位までは、保護者様の協力(家でのレッスンを見るなど)が必須です。

♪ピアノやソルフェージュも習いましょう。

♪ヴァイオリンだけでなく人間としての成長も大切にします。

社会人の方(女性)

♪その方の求めるものに対応致します。

豊かな感性を育む

  • 音楽だけに執着せず、自然と触れ合ったり美味しいものを食べたり、人と話をしたりして「感動すること」も感性を豊かにするでしょう。
  • 音楽会に足を運び、生の演奏や生の音を聴き、演奏家の息遣いや空気を感じることもとても大切です。
  • 音楽を専門にしたい生徒さんは、音楽性を養うための基盤となるソルフェージュ力を身につけましょう。

ソルフェージュとは?

曲の調性について学んだり、メロディーやハーモニーの聴き取り etc.を勉強することが不可欠になってきます。ソルフェージュに関しましては、音大の音楽教室や、個人的に専門の先生に習われることをお勧めします。(ご希望があれば、ソルフェージュの先生のご紹介もしております。)

[例]

発表会について

当教室で、特別に日にちを決めて発表会を行うことは今のところ予定していませんが、生徒さんの進み具合や様子を見て、お客さんの前で演奏する機会は作ります。

心がけていること

何でも話せるレッスン環境を作ります。

私は、今までヴァイオリンと共に生きてきた中で、楽しさ、栄光、名声、苦しみ、挫折、絶望、ヴァイオリンを弾けることの喜び、を経験しました。
6、70年生きている音楽家や先生達のようにはいかないとしても、
そのような華やかな舞台から、暗闇、絶望を経験したからこそ、生徒さんの力になれることがあると思うのです。
人は、置かれた立場や環境によって、考えることや感じることは違います。

生徒さんも、子供ながら、若いながら、社会人の方も日々色々なことを感じていると思います。

気持ちの面でも生徒さんとのコミュニケーションを大切にし、サポートしていけたらと思います。

レッスンで学べること

5歳~小学一年生のお子様について

☆初心者のお子様

まずはヴァイオリンを構え、音を出してみましょう。

初めて自分でヴァイオリンの音を出した時って嬉しいですよ?
その後は一人一人様子を見ながら、質の良い基礎を身につけて成長していって頂きたいと思っています。

  • 親しみやすい短い曲なども織り混ぜながらレッスンを進めていきます。
☆経験者のお子様
  • 一般的な教本を使ったり、その時に必要なことを適宜私がプリントしたものを使ったり、手作りのものを使用したり、順を追って基礎を大切にしながら、生徒さんを見ながら進めていきます。

本格的にヴァイオリンを習いたい方

☆小学二、三年生~大学生

技術的な面
左手は、
指の押さえ方
スケール(音階)
音程
重音
ヴィブラートなど
基礎をしっかり学びます。

右手のボーイングは、まず基礎のを習得し、その後は音楽的なことと共に習得することを目指します。

音楽的な面

  • 良い音程、音色、音質、ちょっとしたニュアンスを聴くことの出来る耳を創ります。
  • 様々な感情表現や音楽表現、そのための方法も学びます。
  • 成長するために大切な、「心で感じること」を大切にし、「つねに進化し続けるために人間的に必要なこと」も時々一緒に考えていければと思います。

社会人の方

その方の求めるものに対応しながら、レッスンを進めていきます。

生徒さんの声

教え子の皆さんの声をご紹介します。
(学年は2018年4月時点)

山口伊織さん(桐朋学園大学4年)

どんなヴァイオリン指導ですか?

清水先生は基礎的なメソッドから上級の演奏法までとてもわかりやすく、出来るまで細かく教えて下さいます。私はその先生のご指導のおかげで、桐朋女子高等学校 音楽科に入るための技術と表現を身につける事が出来ました。
レッスンでは言葉による説明だけでなく、実際に演奏して教えて下さいます(時にはピアノをつけて頂いた事も)。
時には厳しいご指導ですが、清水先生について本当に良かったと思っております。

どんな人柄ですか?

高校受験の際には、誠実に諦めず入試まで見守って下さったので、何度先生に助けられたかわかりません。人柄が良く暖かい先生です。

記憶に残っているエピソードはありますか?

私の指導を引き受けて下さった時は、入試まで後半年という短い時間であったのも関わらず、私の知らないところでもたくさんのサポートをして頂き、本当に感謝しかありません。
これは予断になるかもしれませんが、入試に合格した時、お祝いに手作りのお菓子で祝って下さり、とても嬉しかった事を今でも忘れません。

竹花英里子さん(桐朋学園大学研究科修了)

[プロフィール]
3才よりヴァイオリンをはじめ、桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学、桐朋学園大学研究科卒業。これまでに、ヴァイオリンを清水英理子、和波孝禧の各氏に、室内楽を藤井一興、土屋美寧子の各氏に師事。

どんなヴァイオリン指導ですか?

基礎の土台作りをとても大切に、レッスンでは一切の妥協なく、真摯にご指導いただきました。
真近で弾いてくださる先生の音が、とにかく素晴らしく、沢山のものを受け取りました。

どんな人柄ですか?

決して諦めず、忍耐強く、いつも冷静に寄り添ってくださいました。お話しされる時はチャーミングなお人柄です。

記憶に残っているエピソードはありますか?

レッスンが始まると、いつの間にこんなに時間が経ったのだろうと思うほど、密度の濃いレッスンをしてくださいました。演奏家として、とてもお忙しいなか、レッスンの為に時間を使っていただき、感謝しかありません。

生徒さんへのメッセージ

ヴァイオリンと人生を共にしたことでつかんだもの

私は、ヴァイオリンと共に歩んだ人生の中で、人間の優しさや温かさ、友達の大切さ、家族への感謝、出会いの尊さを身をもって感じることができました。

そしてそれは、今の私という人間の、大きな糧となっているように思います。

私もこれから学びたいことがたくさんありますが、人間、最終的に必要なことは、素晴らしいヴァイオリニストやピアニストであること以上に「人間性」なのだと思います。
そして、そうでなければ常に成長することも出来ないし、社会に出た時にやっていけないのではないかな、と思います。

「努力をすれば報われる」ということも身をもって経験することができました。
その一方で、いくら努力をしてもなかなか上手く行かないことも経験しました。
その中で私は、表面上結果となって現れていなくても、自分が真剣に取り組んだことからは必ず財産が残る。そしてそれは、自分の中で必ず次へつながる、ということも学びました。

私達が音楽から与えられるものというのは、はかり知れないのです。

演奏家を目指したい人へ

私は、演奏家を目指す生徒さんには、

聴いてくださった方が心から幸せを感じ、明日への活力が沸いてくるような、そんなヴァイオリニストになって欲しいと思います。
そしてそれは、私の演奏家としての目標でもあります。

音楽とは人の心に訴えかけ、感動を与えてくれるものだから

お問い合わせ→こちらへ
体験レッスンお申し込み→こちらへ

プロフィール

1978年、埼玉県狭山市出身。5歳よりヴァイオリンを始める。全日本学生音楽コンクール小学校の部全国大会、第66回日本音楽コンクール(毎日新聞社主催)第1位、増沢賞を始め、国内外の音楽コンクールに入賞。

桐朋学園女子高等学校音楽科、桐朋学園大学を首席卒業。

宮崎国際音楽祭、十勝ひろびろ音楽祭、鎌倉ゾリステンなどに出演。

これまで、東京交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、(現)日本センチュリー交響楽団等と共演。(旧)カザルスホールでのリサイタルや、仙台国際コンクール、オープニングコンサートでの仙台フィルとの共演は、音楽雑誌「音楽の友」にて、高く評価された。

現在は、埼玉県所沢市「松井クラシック」主催のコンサートに度々出演、東日本大震災のチャリティーコンサートや市民講座での演奏など、ソロ、室内楽の演奏活動を行いながら、全日本学生音楽コンクール(毎日新聞社主催)の審査員を務めるなど、後進の指導にも力を注いでいる。

体験レッスンについて

当教室では、体験レッスンを行っています。
本格的にヴァイオリンを習いたい方や上達したい方、ヴァイオリンに興味のあるお子様など、ぜひ体験レッスンへお越しください!

※体験レッスンでのバイオリンレンタルについて

  • 5歳~一年生のお子様で、身長110センチ以上のお子様へは、体験レッスンでバイオリンをお貸ししております。
  • 4/4(フルサイズ)のバイオリンも、体験レッスンでお貸しできます。

レッスン料

レッスン料は1レッスン制です。
レッスン回数は、中学生までは基本的に月4回、をお勧めします。

※90分レッスンなどレッスン時間は柔軟に対応します。ご相談ください。

5歳~1年生 30分~
 3,000円/1回 ~
小学2,3年生~6年生 60分
 6,000円/1回 
中学生 60分
 7,000円/1回 
高校生以上 45分
 6,000円/1回
60分
 8,000円/1回

※2020年4月より適用

キャンセルポリシー

レッスンのキャンセル、変更は、前日の18時までに連絡をお願いします。それまでにご連絡を頂ければ、出来る限り振替を致します。それ以降の変更につきましては、申し訳ございませんが、レッスン料を100%頂きます。

生徒さんのご都合で一度レッスンを振替えた場合の、再度のキャンセル、振替につきましてはお受けできません。その場合も申し訳ございませんが、キャンセル料として、レッスン料100%を頂きます。

尚、講師側の都合でレッスンが出来なくなった場合は、振替を行います。

天災やインフルエンザ等、止むを得ない事情がある場合はこの限りではございません。

アクセス

清水ヴァイオリン教室は、埼玉県狭山市北入曽にあります。
最寄駅の西武新宿線入曽駅より、教室まで徒歩16分です。
駐車場がありますので、お車でお越しいただいた方が便利です。
※駐車場あります。

↑地図の狭山北入曽郵便局より徒歩3分です。

お問い合わせ

まずは、気軽にお問い合わせください!

電話:050-5326-7960
お問い合わせフォーム

※体験レッスンも行っております。

体験レッスンフォーム