こんにちは!
清水ヴァイオリン教室(狭山市)の、清水英理子です。
少しずつ、涼しくなってきましたね!

今回も、前回に続いてボーイングについて、右手の親指と人差し指の持ち方や、元で良い音のまま、滑らかに弓を返す方法を、ご紹介したいと思います。

・スピッカートやマルテレ、サルタート等、右手の奏法に苦戦している。
・弓があちこちずれてしまう。
・音が硬い。
・弓先、弓元が上手く使えない。
・重音が、汚い音になってしまう。
等の悩みを、お持ちの方も、この奏法がマスター出来ると、応用がききますよ!

弓の元の方では、人差し指を、弓に巻き付けすぎると、圧力が、小指の方に移りにくく、弓の返しが上手くできません。

結果、音が硬くなったり、元で音が途切れたり、苦しい音になったりしてしまいます。

弓先では、、右手人差し指第二間接が巻き付く感じで(小指は伸びても大丈夫です。)

弓の元では、小指を徐々に曲げていき、弓の重みを小指で支えるように、人差し指は第二間接ではなく、第一関節が巻き付いている感じに持つと、良いです。

少し、人差し指に遊びを持たせることが大切です。

親指も、指の先が、「こんにちは!」とUの字の向こう側に出ないように、角に当てるように持ちましょう。

親指が出過ぎ。
これも、親指が出過ぎ。

 

親指の当て方(推奨)
親指、中指の関係
こんな感じ!

そして、ダウン(下げ弓) の弓の元では、右手人差し指から小指の4本の指の第一関節から第二間接辺りに、腕の重みを乗せます。
親指も突っ張らないように、関節は曲げて持ち、力は抜きましょう。

親指は、弓先では、人差し指にかかる圧力の補助をし、

弓先での親指

弓の真ん中辺りからもとにかけて、親指は力を抜きます。

 

弓の返しの時は、親指と小指の連携が大切です。
親指は、小指を曲げると同時に小指に掛かる圧力の補助をします。

弓元の親指

親指小指は、ダウン(下げ弓)の時に弓の返しと一緒に曲げるのではなく、ダウンに弓を返す少し前に(つまり、アップあげ弓のうちに)曲げます。(でも、早すぎないように、腕の動きと連携して!)
そうすると、弓の返しの時に音にアクセントがつくことを回避出来ます。

親指の動き自体は、人差し指の動きに連携して、親指の腹上部を支点とし、多少動く感じが良いと思います。

ボーイングの練習は、
★セブシックの教本op.2-5、  op.2-6、 op.3
が、良いですよ!

元での弓の返しの時は、お姉さん指と小指に弓の重みがすべて掛かるので、元で、滑らかに弓を返したり、移弦、バッハの無伴奏パルティータや、ソナタ等の重音を弾く時は、お姉さん指、小指の筋力が必要になってきます。

右手の小指(特に)の筋力を付けて元での弓の返し、弓の先で指板の方向に弓がすべらないようボーイング練習をいっぱいして、硬い音から柔らかい音まで弾き分けたり、様々な音楽表現が可能になるように、柔軟なボーイングを身につけられるといいですね!

今回は、前回に引き続き、右手のボーイング習得方法を、ご紹介しました。

 

清水ヴァイオリン教室(狭山市)

狭山市、入間市、所沢市、川越市、小平市、大宮辺りで本格的なヴァイオリン教室をお探しの方、ぜひ一度、体験レッスンにお越しください。
体験レッスン申込みは、こちらへ!

お待ちしています。